2024.02.03

  • ショートステイ

伝統を紡ぐ、笑顔をつなぐ - 特別養護老人ホームでの節分行事の意義

23日は節分。そもそも「節分」とは、鬼に豆をぶつけて追い払い、新年を迎える立春の前の日の行事のことをいいます。旧暦の二十四節気では、立春は新年の始まりとされていたからです。豆まきで邪気や魔物を取り払い、新年に幸運をもたらすという意味で、立春の前日に豆をまくようになりました。

豆まきの始まりは古く、室町時代から行われていたといわれており、古代中国から伝わった「追儺(ついな・おにやらい)」という行事が元とされています。

身分の高い貴族が鬼役の家来たちを追いかけるという、宮中で行われていた鬼払いの行事が、室町から江戸時代にかけて庶民のあいだにも浸透していき、「豆まき」という形に変わって現代まで引き継がれているようです。

白金の森では職員が鬼の恰好をして入居者様の前に登場し豆に扮したボールを投げてもらいます。

リアルな鬼が登場し少し驚いてしまった様子が見られましたが皆さん豆を投げ鬼の体に当てていきます。

2024年度は 鬼は外(病気、ケガ、不幸) 福は内(幸運、幸せ、裕福な生活)にしていきましょう!!!

介護1課  木藤

一覧へ戻る