2024.05.15

  • お食事

高たんぱくヨーグルトを提供いたしました♪

こんにちは。本日は「ヨーグルトの日」なのだそうです。

今週のかわいの家での朝食の乳製品には、期間限定で森永乳業さんの【パルテノ】を提供したのでそちらをご紹介いたします。

パルテノは、ギリシャ伝統の「水切り製法」で作られたヨーグルトです。ヨーグルトを3倍濃縮しているので、濃厚なバニラのおいしさだけでなく、「プロテイン(たんぱく質)」もたっぷり。高プロテインでありながら濃厚でクリーミーな味わいでした♪

今回の提供では、食べきれる80gサイズのタイプでした。たんぱく質は7.6g。

   

店頭などで販売されているのはこちら。他にもさまざまな種類のお味があるようですので、ご興味おありの方は、ぜひお試しください。

  ↓   ↓   ↓

参考:

ギリシャヨーグルト パルテノ

たんぱく質というと、「フレイル」にも関連しています。

「フレイル」はどこかで聞いたことがおありかもしれませんね。フレイルとは、健康状態と要介護状態の中間の段階を指します。

フレイル予防のために、高齢者が摂るべき栄養素のひとつにたんぱく質があげられます。

たんぱく質は、体を作る構成要素であるだけでなく、酵素やホルモンなど体の機能を調節する大切な役割を果たしているため、不足すると、免疫機能が低下して抵抗力が弱くなり、さまざまな病気にかかりやすくなります。また、たんぱく質が不足すると筋力も低下します。高齢者は、加齢とともに筋たんぱく質の合成が遅くなり質が低下しやすくなるため、よりたんぱく質を含む食品を摂ることが大切になります。

日本人の食事摂取基準(2020年版)によると、たんぱく質は65歳以上では摂取エネルギーの1520%摂取が望ましいとされています。

 

食事はバランスよく摂取することが重要ですが、

例えば野菜不足が気になるときに野菜ジュースを付け加えてみたりして、

食事以外の間食や補食などを活用しながら、不足している栄養素を補うのも手軽にできそうですね。

参考:

厚生労働省 パンフレット「食べて元気にフレイル予防」

支援課 管理栄養士

一覧へ戻る

カテゴリ
年月で絞り込む
過去の活動報告
(アーカイブ)