ニュースリリース

2020/03/01 17:06:00

第12回事例研究発表会 開催

第12回事例研究発表会 開催

2020年3月1日(日)、御茶ノ水ソラシティホールにて第12回事例研究発表会を開催。
今年度は新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、政府の感染症対策本部の専門家会議が表明した見解を受け、現在の社会情勢を考慮した結果、ご来場者をお迎えしない無観客での開催となりました。

奉優会は活力ある人材育成にむけ、事例研究発表会をはじめ、マニュアル大賞、マイスター大賞の表彰制度を実施しています。
また日ごろ事業所で活躍している職員を表彰する優秀職員表彰や、長年法人に勤め、
 貢献している職員へ感謝の気持ちを込めて永年勤続表彰も実施いたしました。
これらすべてを活用し、オープンで公平な風土作りに取り組んでいます。


今年度の事例研究発表会受賞作品はこちらです。

【 最優秀賞 】特別養護老人ホーム沓掛ホーム
 「ハイドレーションシステム~命を繋ぐ水~皮下点滴湿潤療法」
【 優 秀 賞 】特別養護老人ホーム沓掛ホーム
 「くつかけTRY!「食べる」を支える専門職+特養初?!ジェントルスティム導入」
【 理事長賞 】港区立高齢者在宅サービスセンター白金の森
 「地域医療連携 2年目に見えてきたこと~ご利用者様の代弁者になる為に~」
【常務理事賞】城東ふれあいセンター
 「2018JOTOコレクション~輝く人・場所・地域づくりの物語~」

おめでとうございます!!


【 最優秀賞 】特別養護老人ホーム沓掛ホーム

【 優 秀 賞 】特別養護老人ホーム沓掛ホーム

【 理事長賞 】港区立高齢者在宅サービスセンター白金の森

【常務理事賞】城東ふれあいセンター