最新情報

活動報告
2021/07/27 07:47:00

―『わたしの手帳』を広めて地域のケアマネジメント力向上へ!―

―『わたしの手帳』を広めて地域のケアマネジメント力向上へ!―

 

等々力の家居宅介護支援事業所の佐々木です。

 

当事業所では、『わたしの手帳(以下、手帳)』を地域住民や開業医の医師などに配布するなど啓蒙活動をおこなっています。また、ケースマネジメントを通して、地域づくりに向けた取り組みを実施しています。「等々力の家」は多職種が多い為 地域の方々に向けた『条件づくり』、『場づくり』、『主体づくり』をおこなっています。地域住民の方々が 主体的になり継続してもらうことを目標にしています。

 

私はそうした手帳の情報をアセスメントに取り入れ、その人らしい生活が送れて夢や希望がもてるようなケアプランを作りたいと思っていました。20数年の間に数えきれないほどのケアプランを作ってきました。初めはできないことを見つけてその手当てするようなネガティブプランばかり作成していましたが、それをやっていたときには、本人に頑張ろうという気持ちが湧き出てきませんでした。どうしたら本人の意欲が引き出され、自立支援につなげていけるのか―。

 

その反省を出発点に、「できることは何か」「望んでいることは何か」にきちんと目を向けた、オリジナルのアセスメントシートを仲間と共に作り上げ、わたしの手帳と連動させ、夢や希望を盛り込まんだケアプラン作成に努めています。