最新情報

お知らせ
2019/01/22 14:58:00

冬の憂鬱にご用心!

お正月が終わり、規則正しい生活リズムで過ごせていますか?

「冬場は気分が落ち込む」「いくら寝ても眠い」「甘いものや炭水化物を食べ過ぎる」…。

こうした症状がある場合は「冬うつ」の疑いがあります。

正式には「季節性感情障害」といい、10月頃から発症が増え、春になると回復します!

眠れない、食欲がないなど一般的なうつ症状とは異なる症状が現れるので、自覚しづらいのが特徴です。

 

 

原因は冬場の日照時間の短縮により、セロトニンなどの脳内伝達物質が

減少することが大きく影響しているとされています。 予防するためには、

◆早寝早起きを心がけて朝日を浴びること

◆肉類、魚類、豆類、バナナなどのセロトニンの原料となる栄養素を積極的に摂ること

が重要となります。日常生活に支障があるという場合は早めに受診してください!