最新情報

ブログ
2019/01/28 09:07:00

日本の高齢者のみなさま・・・もっとチーズを!!

カルシウムとチーズの素敵な関係

①カルシウムが大切な理由

カルシウムは 骨や歯の成長・神経伝達・神経興奮の抑制・筋肉の収縮や血圧の上昇を防ぐなどの大切な働きがあります。その為カルシウムの血中濃度は一定に保たれており、毎日の摂取量が足りないと、骨からカルシウムを引き出すホルモンが分泌されます。カルシウムが出て行った骨はスカスカになってしまうのです。更に、カルシウム不足により分泌されるホルモンの働きで、骨粗鬆症だけではなく、高血圧・動脈硬化・糖尿病・アルツハイマー型認知症・変形関節症などの生活習慣病のリスクがぐんと高くなります。日頃イライラするひとも、ひょっとするとカルシウム不足かもしれません。

②カルシウムを十分に摂りたい!

ですから、カルシウムは毎日一定量を摂取しなければなりません。毎日、男性は800㎎、女性は650㎎、骨粗鬆症の予防や治療には1000㎎のカルシウム摂取が目標とされていますが、現実には日本人は500㎎程度しか摂取していないのです。この飽食の時代、日本ではカルシウムだけが飢餓状態にあるのです!

③日本人にカルシウムが足りない理由 

日本の水は、カルシウムとマグネシウムの含有量が少ない軟水です。火山性の土地で地下水の濾過が早いために、ミネラルが溶け込みにくいのです。その水で育つ日本に野菜や果物は、やはりカルシウム含有量が少なくなります。 更に日本では乳製品を摂る習慣がなかったことも、カルシウム不足の要因です。ですからカルシウムを意識しないまま日本で暮らしていると、欧米の1/3程度しかカルシウムが摂取できていないのです。

④日本のみなさま、もっとチーズを!もっとカルシウムを! 

哺乳類が成長するための食べもの、ミルクから作るチーズはカルシウムの宝庫です。チーズ100gには種類によって200~500㎎のカルシウムが含まれます。特筆すべきはその吸収率でしょう。乳製品のカルシウムは約50%の吸収率です。小魚は約30%、野菜や大豆製品は18%前後ですから、その優秀さがわかりますね。 ミルク200㏄がチーズ約20g程度に匹敵します。

手軽に、ぱくっと!美味しいうえにカルシウムも豊か、もっともっとチーズと仲良くしてみませんか。