最新情報

ブログ
2018/12/10 16:11:00

冬のあかね空……♪

石神井庁舎の4階からは、

とても美しい夕日を見ることができます♪

 

万葉集の中に、

 あかねさす、日の暮れゆけば、すべをなみ、千たび嘆きて、恋ひつつぞ居る

という歌があるのをご存知ですか?

詠み人知らずのこの歌の意味は、

日が暮れて行く頃は、どうしようもなくて、何度もため息をついて、あなたのことを恋しく思っているのです。

 

昔の人々は、夕日を見て恋しい人を思い返していたようです。

夕日を見ると、皆様の心の中には誰が思い浮かばれるでしょうか?(*^^)v

 

美しい夕日を見るために、ちょっとそこまで

散歩してみるのもいいかも知れませんね✡