最新情報

ブログ
2021/11/25 20:47:00

見守りのポイント⑱ 「社会参加活動に急に来なくなった」

今年も残すところ、あと約1か月半になりました。年々1年間があっという間に過ぎていくように感じます。

さて、シリーズで伝えしています今回の見守りのポイントは、、、


「町内会、サロン、サークルといった地域の集まりや行事にいつも参加しているのに、急に来なくなった」です。

コロナ感染者も30人を下回る日々が続いています。
この先の動向を気にかけながらも、少しずつ町会やサロン活動が再開し始めたように感じてきました。そんなタイミングで、ぜひ皆様に気付きのポイントとして今回のテーマをお伝えしたいと思ます。

コロナにおける外出自粛など感染対策が取られてから約2年弱になります。
コロナ以前は、積極的に運動や集まりの場、お祭りなど町会活動に参加していた方が、2年ほど外出を自粛したことで「家にいることが当たり前」といったように、以前に比べ外に出なくなったという声を多く聞くようになりました。

社会参加活動を再開し集まりの場に参加される方で、以前はよく顔を合わせていた方が最近見かけないと感じる場合には、ぜひ気にかけて声を掛けていただきたいと思います。もしかしたら、会の再開を知らない場合もありますし、外に出るのが億劫になってしまっている場合もあります。万が一「以前と様子が違う」など気になることがありましたら、お気軽にお近くの高齢者相談センターやふれあい相談室へご連絡をいただければと思います。いつまでも安心して暮らせるまちになるよう、みんなで取り組んでいきましょう。


※これまでの見守りのポイントはこちら↓↓↓(文字をクリックしてください)
見守りのポイント①「郵便物がたまっている」
見守りのポイント②「雨なのに窓が開けっぱなし」
見守りのポイント③「ここ数日姿を見ていない気がする」
見守りのポイント④「同じ洗濯物が干しっぱなし」
見守りのポイント⑤「見たことのない人が出入りしている」
見守りのポイント⑥「昼間なのに電気がついている」
見守りのポイント⑦「元気がない 痩せた気がする」
見守りのポイント⑧「同じことを何度も言う 話がかみ合わない」
見守りのポイント⑨「あざや怪我があり理由を話したがらない 大声が聞こえる」
見守りのポイント⑩「部屋が乱雑 衣類の汚れ・臭い、髪がボサボサ」
見守りのポイント⑪「お店などで、勘定ができない、同じものを大量に購入している」
見守りのポイント⑫「認知症や寝たきりの家族を抱え、介護者が疲れている様子がある」
見守りのポイント⑬「今まで挨拶していたのにしなくなたった」
見守りのポイント⑭「暴言を吐くなど、性格が変わった」
見守りのポイント⑮「家の中から怒鳴り声がする、悲鳴が聞こえる」
見守りのポイント⑯「
庭が荒れている」
見守りのポイント⑰ 「家に閉じこもってほとんど外に出てこない