最新情報

お知らせ
2022/11/24 17:41:00

アナログ回線に戻す契約のはずがサポート契約に【見守り新鮮情報】

国民生活センターより発行されている「見守り新鮮情報」からお知らせ致します。


以下、国民生活センターホームページより抜粋します。

【内容】

大手通信会社のサポートセンターを名乗る事業者から「電話を光回線からアナログ回線に戻さないか」と電話があった。今は誰もインターネットを使っていないので、ちょうどいいと思い契約した。しかしその後、毎月サポート料金として約3千円引き落とされていることが分かり、確認すると1年縛りでサポート契約をしているとのことだった。解約を申し出ると、今解約するとキャンセル料が発生すると言われた。(70歳代 女性)

【ひとこと助言】
  • 大手通信会社の名前を出していても、実際は関係のない事業者が勧誘をしているケースがあります。勧誘を受けた事業者名をしっかり確認しましょう。
  • 知らないうちに、回線の切り替えには必要のないサービスの契約を結んでいるケースもあります。勧誘を受けた際は、費用やサービス内容、解約条件などをよく確認し、必要ないと思ったらきっぱり断りましょう。
  • 光回線をアナログ回線に戻す場合には、現在の契約先や回線事業者に問い合わせましょう。
  • 困ったときは、すぐにお住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください(消費者ホットライン188)。

気になること、お困りごとがある際には、お気軽に高輪地区高齢者相談センターへご連絡ください。

■高輪地区高齢者相談センター  03-3449-9669
 月~土 9:00~19:30、日・祝 9:00~17:00、年中無休