最新情報

活動報告
2021/04/24 16:25:00

見守りのポイント⑬

こんにちは!今日も一日気持ちのよい陽気でした。
だんだんと温かくなり、朝晩の冷え込みが落ち着ていきましたね。
高輪地区を自転車で走っていると、木々の若葉が太陽に照らされてとても気持ち良い景色が広がってきました。

さて、シリーズでご紹介しています「見守りのポイント」。



今回は「今まで挨拶していたのにしなくなたった」です。

今までは目を見て挨拶をしていたご近所さんが、急に挨拶や顔を合わせなくなると「あれ?」と違和感を感じることがあるかもしれません。
もしかしたら、体調不良で挨拶する余裕がないのかもしれませんし、気持ちが落ち込んでいることも考えられます。

「今までとは何か違う」と感じることがありましたら、
お近くの高齢者相談センターやふれあい相談室にご連絡ください。いつでも安心して暮らせるまちになるよう、みんなで取り組んでいきましょう。

(齊藤)



これまでの見守りのポイントはこちら↓↓↓(文字をクリックしてください)
見守りのポイント①「郵便物がたまっている」
見守りのポイント②「雨なのに窓が開けっぱなし」
見守りのポイント③「ここ数日姿を見ていない気がする」
見守りのポイント④「同じ洗濯物が干しっぱなし」
見守りのポイント⑤「見たことのない人が出入りしている」
見守りのポイント⑥「昼間なのに電気がついている」
見守りのポイント⑦「元気がない 痩せた気がする」
見守りのポイント⑧「同じことを何度も言う 話がかみ合わない」
見守りのポイント⑨「あざや怪我があり理由を話したがらない 大声が聞こえる」
見守りのポイント⑩「部屋が乱雑 衣類の汚れ・臭い、髪がボサボサ」
見守りのポイント⑪「お店などで、勘定ができない、同じものを大量に購入している」
見守りのポイント⑫「認知症や寝たきりの家族を抱え、介護者が疲れている様子がある」