最新情報

お知らせ
2020/11/24 17:10:00

意思決定支援のガイドライン 比較表について



日本社会福祉士会福祉士会より11/9に下記の情報提供がありました。
「意思決定支援」については、医療や介護の支援の場で改めて言われているところですが、成年後見人の活動における本人の意思決定支援のガイドラインができたことで、以下のガイドラインが出揃いました。

A,障害福祉サービスの利用等にあたっての意思決定支援ガイドライン
B,認知症の人の日常生活・社会生活における 意思決定支援ガイドライン
C,人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン
D,身寄りがない人の入院及び医療に係る意思決定 が困難な人への支援に関するガイドライン
E,意思決定支援を踏 まえた後見事務のガ イドライン

それに伴い、厚生労働省がそれぞれのガイドラインの比較表を作成しましたので、情報提供させていただきます。
表のA~Dのタイトルのところをクリックすると、厚労省の発信文書やガイドラインを読むことができます。
私たちは相談支援にかかる専門職として、原則である「自己決定」を支援できるよう、しっかり押さえておかなければならないと思います。




以下、日本社会福祉士会HPより(引用部分は斜字としています)
『意思決定支援を踏まえた後見事務のガイドライン』の公表にかかる情報提供

この度、最高裁判所、厚生労働省及び専門職団体(日本弁護士連合会、公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート及び公益社団法人日本社会福祉士会) をメンバーとするワーキング・グループにて、協議・検討を進めてきました『意思決定支援を踏まえた後見事務のガイドライン』が完成し、各団体のホームページで公表されました。

(社)日本社会福祉士会「意思決定支援を踏まえた後見事務のガイドライン」について
https://www.jacsw.or.jp/12_seinenkoken/guideline.html


厚生労働省が作成した意思決定支援等に関する各種ガイドラインの比較表
https://www.jacsw.or.jp/12_seinenkoken/files/guideline/hikaku.pdf



(築田)