最新情報

活動報告
2020/03/14 16:33:00

★★介護ってご利用者の力を引き出すことが出来るんだ★★

こんにちは
白金の森看護師の高橋です。

白金の森では、3月は『ご利用者の力を引き出す』をテーマに取り組んでいます。

環境を整えることの大切さ、普段見落とされがちなご利用者の変化に対して
どのような介入をするのか、実践を通して職員と一緒に学んでいます。

認知症の進行過程では『食べる』行為だけでも様々な問題が起こります。

上手に箸が使えなくなってきたA様
目の前の一皿以外目に入らないB様
魚をほぐせずに食べることをあきらめているC様
食べ終わるまで以前の倍の時間がかかるようになったD様
食べこぼしが増えてきたE様
一粒づつご飯を食べているF様
むせこみやすくなったG様
食欲がなくなって疲れやすくなったH様

様々な状況に介護職としてどのように介入していくのか、
実践の中で介護職がご利用者様の変化を体感できるように指導しています。

福祉用具のスプーンを使うことで、以前と同じペースで食べられるようになった。
お椀の大きさを変えおかずを乗せておくと食事量が戻った。
おかずを一口大の大きさにしたら食べてくれるようになった。
スープなどを持参してもらい足りない栄養を補って体重減少を食い止めた。

『介護職の気付き』を『適切な介護介入』につなげるためのお手伝いや提案も
デイサービスの看護師の大切な仕事です。

介護って面白い
介護ってご利用者の力を引き出せる
ご家族と変化を喜び合える
ご家族の負担軽減のお手伝いが出来る

日々の業務をつまらない繰り返しの作業にしない
介護ってクリエイティブな実践の日々になる

私達白金の森は職員教育を充実させて、これからも
ご利用者様・ご家族様に寄り添っていきたいと思います。

白金の森 高橋