最新情報

活動報告
2019/01/17 20:00:00

8050問題  ~ジャーナリスト 池上正樹氏 の研修会~

昨日、法人の事例検討会で「8050」問題のケースでした。

その日の夕方、中野区社会福祉協議会で

「大人の引きこもりとは何か~解決の糸口を考える~」という研修がありました。

当事者の方や、サロン的な集まりの場を開催している方、専門職など

約30人参加し、ジャーナリスト 池上正樹氏の関わりや活動の経験をお話下さいました。

80代の親の子供が50代。

子供さんが閉じこもりになり社会生活が難しい。

そして生活費は親の年金に頼って生活をする。

 

日本という社会の中で幼少の頃からの環境から、閉じこもりとなり

更にそれが社会と接していく時、責められ、社会から孤立をしていく。

急になるというよりも、長い年月をかけて、環境から閉じこもりになる事

叱咤激励や、辛い言葉を放てば放つほど、どんどん当事者は追い詰められていくそうです。

理解し話せる場をもつ事がとても大事なのだそうです。

私たちは、なるべく早い解決にと思いがちです。

東京都は今年2019年4月から この閉じこもりについては組織を再編し、取り組んでいくそうです。

 

私は

「働くこと」よりも「まずは、生きたい」と思える意志を、意欲を持てる事が大事という言葉に

はっとしました。

 

写真は、当事者の方が刊行している冊子と

池上先生の著書です。

本を読んで、理解していきたいと思います。