最新情報

ブログ
2022/06/24 07:36:00

アルツハイマーと歯周病



アルツハイマーと歯周病の関係も大きく関係しており、歯周病がアルツハイマー病を引き起こす原因になっています。歯周病は歯周病菌が口中で増殖しプラーク化することで細菌が増殖しそれが毒素を生み出し歯周病となります。
歯周病菌が増えることでアルツハイマーの原因物質のアミロイドβが増殖することがわかっています。そのため認知症の発症リスクが大きくなるということです。
介護の現場では「フレイル(虚弱))」という言葉は使われることがありますが、運動・栄養・社会参加そして口腔ケアをプラスすることで高齢による虚弱を予防していくことができます。