最新情報

ブログ
2021/06/22 11:44:00

【自宅でトライ!】 脳を鍛えよう⑪!!

今回は「ワードを探そう」です。



こちらは、バラバラになっている文字から「ワード」となるものを読み取ります。
実際に例を見てみましょう。
(例題) こ、ぬ、い、ね (動物、2)
( )は、(ヒント、ワード数)です。
ちなみに、「いぬ、ねこ」、が答え
になります。
それでは、以上のように挑戦していきましょう。

(1) た、し、う、ぶ (動物、2)
(2) じ、ば、あ、さ (魚、2)
(3) ご、ど、う、ぶ、ん、り (果物、2)
(4) て、ん、ま、じ、し、ゃ、く、る (乗り物、2)
(5) だ、ん、ぺ、ん、ま、ぎ、ん、ぱ、く (動物、3)
(6) い、か、わ、し、ま、つ、お、ぐ、ろ (魚、3)
(7) か、ん、ぱ、い、も、る、も、っ、ぷ、な、み (果物、3)
(8) ば、き、ん、こ、う、ひ、し、ゃ、す、で (乗り物、3)
(9) す、き、や、き、に、っ、て、ー、か、さ、ー、う、す、ゅ (スポーツ、4)













答えは下にあります。
文字を書いてみて使い終わったら斜線などで消すとわかりやすいですよ。








(1) うし、ぶた
(2) あじ、さば
(3) りんご、ぶどう
(4) じてんしゃ、くるま
(5) くま、ぱんだ、ぺんぎん
(6) まぐろ、いわし、かつお
(7) みかん、もも、ぱいなっぷる
(8) ばす、でんしゃ、ひこうき
(9) 
やきゅう、さっかー、すきー、てにす

いかがでしょうか?
以前の「文字の並び替え」より難しく感じられたかと思います。
しかし、文字を選び抜いてワード作り上げることは、
確かな言語能力と集中力などが鍛えられます!


諦めずに最後まで挑戦してくれたら嬉しいです。