最新情報

お知らせ
2022/06/30 08:18:00

「いたばし認地笑かるた」⑤

板橋区おとしより保健福祉センターより配布いただいた
「いたばし認地笑かるた」を毎日ご紹介します。
本日は「さ・し・す」です。

認知症サポーター養成講座を受講した人のことを「認知症サポーター」といいます。
認知症サポーターには、認知症サポーターの証として「認知症サポーターカード」が
渡されます。認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族に対して
温かい目で見守ることから初めてみましょう。


認知症により、道に迷うことが心配になったときは、持っている人の居場所を
探すことができる、「小型GPS機器(有料)」や、登録番号の入った「高齢者見守り
キーホルダー(無料)」を使ってみませんか。行方がわからなくなるなど、
万が一何かがあったときに、早く居場所や身元がわかるための方法のひとつです。


毎日の食事で十分な栄養を摂取し、睡眠で活動時に消耗した体と脳を休ませる
ことができます。また、友人や家族と楽しくコミュニケーションをとることで、
脳の活性化を図ることができます。楽しみながら、刺激のある毎日を送ることで、
認知症になるのを遅らせることができるかもしれません。

【いたばし認地笑かるたより抜粋】