最新情報

ニュース
2021/04/18 08:00:00

ヤングケアラー

厚生労働省 文部科学省は病気の家族や介護、世話を担う18歳未満の子ども「ヤングケアラー」の調査

中学2年生のうち世話をする家族が「いる」と答えたのは5.7%の319人が世話をする家族が居ると回答。
調査は昨年12月~今年2月。全国の公立中学に通う2年生や通信制高校の生徒らにインターネットで実施。
中学2年生で5558人、全日制高校の2年生で7407人が回答した。
全日制高校の2年生では4.1%の307人が世話をする家族が居ると答えた。

全日制高校の2年生
世話をする頻度は47.6%がほぼ毎日としている。
平日1日に世話を費やす平均時間は3.8時間
7時間以上は10.7%だった。

世話をする家族の内訳は「きょうだい」「父母」「祖父母」の順位となっている。
きょうだいが中学2年生で61.8%。高校2年では44.3%である。