最新情報

お知らせ
2022/08/05 20:36:00

9月からのおむつサービスの申請締切日をお知らせします

中野区では、常時おむつが必要な方(対象者は以下)に、おむつの現物支給のサービスを行っています。
またおむつのお持ち込みが出来ない医療機関に入院中の方には、おむつ代の費用助成があります。
新規の申請では、期日を過ぎると開始月が翌月へ持ち越しとなってしまいますのでご注意ください。

■9月支給開始のおむつ申請締切日

 ・おむつ現物給付申請8/25(木)
 ・おむつ費用助成申請8/31(水)

以下、中野区ホームページより。詳細ご確認ください。
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/313000/d001829.html

紙おむつの現物支給

月1回、ご自宅に紙おむつを配送します。
紙おむつの型は4型(パンツ型・テープ型紙おむつ・尿とりパッド・フラット型)で、型ごとに数種類ご用意しています。支給限度の範囲内で、1か月に必要な分の製品を選ぶことができます。(関連ファイルで支給限度数や対象製品等、詳細を確認できます)

対象者
中野区内に住所があり、生計中心者の前年(1~6月は前々年)の合計所得金額が3,500,000円未満の方で、次の①又は②に該当する方。ただし、介護保険施設(老人保健施設・介護療養型病床群・特別養護老人ホーム)及び、障害者支援施設等に入所中の方を除きます。

65歳以上で、介護保険の要介護認定で「要介護1~5」と認定されている方で、常時おむつを必要とする方。
② 3歳以上で身体障害者手帳1~2級、又は愛の手帳1~2度の障害を有し、常時おむつを必要とする方。


おむつ費用の助成

紙おむつ持込不可の医療機関に入院中の方には、月単位として入院期間中のおむつ費用を助成します。(生活保護を受給している方と中国残留邦人等を除く。)
おむつ代等の必要事項が明記された領収書を添えて3か月ごとの請求、口座振替により後日支給となります。

助成額
実費相当額のうち限度額(1か月あたり6,000円)まで助成できます。

対象者
中野区内に住所があり、生計中心者の前年(1~6月は前々年) の合計所得金額が3,500,000円未満の方で、次の①又は②に該当する方。ただし、介護保険施設(老人保健施設・介護療養型病床群・特別養護老人ホーム)及び、障害者支援施設等に入所中の方を除きます。

65歳以上で、医療機関(介護療養型病棟への入院は対象外)に入院中で、常時おむつを必要とする方。(要介護認定は不要。)
②3歳以上で身体障害者手帳1~2級、又は愛の手帳1~2度の障害を有し、医療機関(介護療養型病棟への入院は対象外。)に入院中で常時おむつを必要とする方。




パンフレットの内容はこちら↓↓↓
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/313000/d001829_d/fil/2022nakano_omutsu1.pdf