お知らせ

2019/07/31 19:42:00

高齢者とペットについて

お独り暮らしの高齢者の方の支援で多くのケアマネジャーが、ご利用者の方々
の長期の入院・入所等の際、一緒に生活している「ワンちゃん」「ネコちゃん」
の引き取り手について、悩む経験をしていると思います。
実際に、わたくしどもの職員も、「○○ちゃんがいるから、入院できない」と
医療を受け入れない方々と出会うことがあります。
飼育支援が限界点となり、室内の環境が悪化するといったこともあります。
そのような時、「○○市ねこの会」などへ相談することもあります。
「空前のペットブームと高齢化社会」です。対応について、真剣に考える時に
来ているのかもしれません。
写真は、職員が「ペットショップ」ではなく、「殺処分寸前」で保健所から
預かり受けた犬です。

はい、「可愛い」だけでは暮らせない。「お金」もかかると言っています。
高齢者の方でしたら、年金生活を圧配する心配もあります。
「高齢者とペットの支援」について、研修も開催されているようです。
受講しましたら、また、ホームページで報告したいと思います。