最新情報

お知らせ
2021/01/13 11:20:00

温度管理に注意してヒートショックを防止しましょう!

寒い季節は、急激な温度差により血圧が大きく変動する事で、失神や心筋梗塞などを引き起こし、
身体へ悪い影響を及ぼす「ヒートショック」による事故が増えています。
日常生活の中で、暖かい場所から寒い場所へ移動するだけで起きる可能性があり、命にも関わってきます。特に身体を露出する入浴時での事故が多いと言われています。


新型コロナウイルス対策で、こまめに換気をしている方が増えてきていますが例年以上に注意してお過ごしください。

今日からできる5つの対策をご紹介します!
① 脱衣所、浴室を暖める
② お湯の温度は41℃以下、湯船につかる時間は10分程度を目安に
③ 食後すぐや飲酒後の入浴は避ける
④ 入浴する前に、同居者に一声かける
⑤ 身体に負担をかけない用具(シャワーチェア等)の使用

ほんの少しの配慮が事故防止につながります。

まだまだ寒い時期が続きますが、気を付けながら過ごしていきましょう。

今井