最新情報

活動報告
2020/10/29 08:30:00

「権利擁護研修」に行ってきました!

 10月8日に「権利擁護研修」に行ってまいりました。ブログを見て頂いている方々の中には「権利擁護」って何?と思われる方もいると思いますので先ずは言葉の意味を簡単に説明します。
 権利擁護とはざっくりいうと自分で守れなくなった本人の権利を本人に代わって守ることだと思います。本人の権利が侵害されている(守られていない)状況の典型例は「虐待」です。インターネットで見た資料によると介護をめぐる「虐待」は一般に思われている以上に多数発生しているそうです。下の写真が受講させて頂いた研修の内容です。
 





 今回の研修ではある講師の方が「虐待ケースの対応では虐待されている側だけでなく虐待している側のケアを同時に進めていく事が基本だ」と仰っていたことが一番印象に残っています。確かに虐待されている側に目がいきがちですが、虐待している側にも支援が必要なことが多い気がします。今後はこの講師の方の言葉を念頭に置きながら業務に励んでいきたいと思います。
(T.T)