最新情報

ブログ
2021/05/29 14:01:00

熊野の手洗い場が生まれ変わりました。

熊野は、4月から新センター長が赴任され日々環境整備に努めてます。

今回は、感染対策の一つとして手洗い場をリニューアルしました。

地域住民の方々が安全に安心して「中丸いこいの家」をご利用できるよう
職員一丸となって感染対策に取り組んでます。
(注意:6/1~6/20緊急事態宣言延長により条件付き開館となってます。
 おとしより相談センターの相談窓口は、月~土 9時~17時です)


「うがい」と「手洗い」で感染対策

「うがい」は、菌やウイルスが粘膜から侵入する前に、外へ洗い流す効果があるため、感染予防につながります。
手や口に付着したウイルスは、顔や口に触れる前に正しく「手洗い」することによって、高い確率で感染を予防することができます。
飛沫感染、接触感染や経口感染の予防には、日々の「うがい」「手洗い」で感染予防の効果があるといえます。

日常的にできる感染予防対策は、うがい、手洗い以外にもあります。生活な中に取り入れて、感染症にかかるリスクを最小限に抑えましょう。

免疫力を高める:免疫力は、外から侵入した菌やウイルス等を撃退する防衛機能です。栄養バランスを意識した食事をとり、感染症にかかりにくい身体を、保つことを心がけましょう。

健康状態を保つ:体温が下がりすぎないように適度な運動や入浴で身体を温めたり、身体を清潔に保ち、リラックスした状態を維持することが大切です。元気な人でも感染しますが、心身ともに快適な状態でいることが、感染予防で大切なことの一つといえます。

ひとごみを避ける:ひとの多い場所にいると、空気感染や飛沫感染をする感染力の高い菌やウイルスの侵入を防ぐのが困難です。できるだけひとごみを避け、感染を予防しましょう。職場の仕事始まりや帰宅したら、手洗いうがいをすることで、予防につながります。

適度な湿度を保つ:空気が乾燥していると、のどの防御機能が低下してしまします。空気が乾燥する季節は特に、加湿器などで室内の湿度を保ち、のどの乾燥を感じたらあめをなめる、水分補給するなどうるおいを保つようにしましょう。

いつも安心できる生活を。笑顔でコロナに負けない環境を。

くまののT.K



cat model 雪chan