最新情報

活動報告
2019/03/30 12:07:00

ACP-考えよう人生会議 平成30年東京都多職種連携連絡会シンポジウム

平成31年3月17日 東京都医師会館 2階講堂にて

ACP-考えよう人生会議ー

(看取れる人 看取られる人 自分の心づもりを大切にする人生会議)が

開催され出席してきました。

ACP(アドバンス・ケア・プランニング)とは、人生の最終段階の医療・ケアについて

「本人が家族や医療ケアチームと事前に繰り返し話し合うプロセスをいう意味で、

愛称は「人生会議」と後で命名されました。

滋賀県東近江市永源寺でかかりつ医として地域全体を見ている永源寺診療所の花戸医師は、

常日頃から高齢の受診者に「食べられないようになったらどないする?」という問いを毎回毎するそうです。

日頃からの意思を確認するという事もですが、こうやってきっかけを作り、本人自らが考える機会となった

り、家族と話し合うきっかけを作ると言った効果があるようです。

元気なうちから家族や身近なひとと話し合っておくことは大事ですね。T.T