最新情報

活動報告
2018/12/19 08:37:00

~認知症介護家族会に参加~第一弾 事例

日時:平成30年12月6日13:30~15:30

場所:板橋区グリーンホール6F・会議室

参加者さんの事例を一つご紹介します。(一部変えています)

「申込みしていなかったけど、報告したくて来ました。」という女性の参加者さん。

認知症のご主人とお二人暮らし。

子供たちは遠くにおり、仕事もあるので迷惑はかけられないと、

何年もの間、ご主人の介護を献身的にされている方です。

先日、「夜に転倒して動かなくなった。抱き起せず、本人が失禁したまま、

一緒に朝を過ごした。あんかや毛布などで体をくるんで、二人で夜を明かした。

その後救急搬送したが、検査など問題ないと帰された。

「このままでは奥さんが倒れてしまいます。」

ケアマネジャーさんにいわれ、初めてショートステイをお願いした。

参加者さんは、「何年かぶりに自分のことができてよかった。」と

お話しくださいました。

今まで介護サービス利用に踏み切れなかったのは、

「主人を人にお任せしてはいけない。」と思い込んでいたからだそうです。

自分のために時間を使うことは悪いことのように思えて、

戒めてきたそうです。

以前参加した時に、会場の皆さんに言われたこと。

「サービスを利用したからと言って愛情が変わるわけではないよ。」

「そう言ってもらえて、救われた気がした。」

とその方は言われました。

気軽に自分の気持ちを吐露できる

また、他の参加者も自分が認知症介護の体験をしたからこそ

つらい方の思いに寄り添える。

ピアカウセリングの場、

気持ちを共有できる居場所になっています。

介護で悩んでいる方、認知症や、介護に関心のある方

お話の場に来てみませんか。

 

                                                 MY/SW