最新情報

ブログ
2021/03/26 15:39:00

意外と知らない⁉豆知識



昔は、「きゅうり」と言えば、夏を代表する野菜でしたが、

近年では一年を通してスーパーに並んでいますね。

さて、そのきゅうりですが、実は世界一栄養のない野菜だった

ということご存じでしたか?

夏野菜の代表各であるきゅうりは、実は特に目立った栄養成分が

ないことから、世界で最も栄養のない野菜として、ギネスブック

に認定されたことがあります!!


きゅうりはその成分の9割が水分ですが、食べると熱がこもった体を

芯から冷やしてくれるため、体温調節には高い効能があります。

しかし、ビタミンCを壊す成分が含まれているため、他の野菜と

一緒に食べる時には注意がい必要です!

ただ、この成分は、加熱したり酸や酢につけたりすると活性を失うので、

炒めたり漬物にしたりすれば問題はありません。

きゅうりは見た目が緑色なので、何となく栄養満点な気がしますが、

実はそうではなかった事にびっくりですね。