最新情報

ブログ
2020/06/30 09:00:00

下半期の無病息災を祈る

2020年も今日で半分!
以前のブログでも少し触れましたが、
今日は「夏越の祓」の日です☆

上半期を無事に過ごせたことへの感謝と半年分の罪や穢れをお祓いし、
下半期、清らかな気持ちで過ごせるよう願う神事です。

自宅近所の神社に「茅の輪くぐり」がありました♪
茅の輪をくぐることで、
病気や災いを免れることができるとされています。


神社や地域によって風習も異なりますが、
8の字を描くように3度くぐりぬけるそうです。

茅の輪は神話が起源と言われています。
宿を探していた旅人を、裕福な兄(巨旦将来)は断り、
貧しい弟(蘇民将来)は宿を貸してもてなしました。
その旅人は実は神様(スサノオノミコト)で、お礼に
腰につける茅の輪をくれました。
これをつけていたことで、蘇民将来の一族は
疫病が流行しても、逃れることができたと言われています。
江戸時代には現在の大きな輪をくぐる形になったそうです。

茅の輪くぐりの他にも、紙の人形(ヒトガタ)、形代(カタシロ)に
自分の罪や穢れを移し、それを流したりお焚き上げすることで
自分の代わりに清める神社もあります。

また京都では「水無月」という、
ういろうの上に甘く煮た小豆をのせ、三角形に切った和菓子を食べて
無病息災を祈念する風習があります。


平安時代「氷室の節句」で氷を切り出して食べる
暑気払いが行われていたことが起源と言われており、
高級品である氷を手に入れることができない庶民が
氷をかたどって作ったのが水無月です。

お近くの神社にお参りする、水無月を食べるなど
下半期を元気に過ごせるよう
皆様なりの夏越の祓をしてみてはいかがでしょうか♪