最新情報

活動報告
2019/09/29 09:00:00

いっしー先生の体操!

9月18日に開催した
「作業療法士いっしー先生の体操」の模様をお伝えします。

講師として、ソフィア訪問看護ステーション中野新橋より
作業療法士の石川先生(写真中央:愛称いっしー先生)と、
同ステーション野方より理学療法士の和田先生(写真左:愛称わっくん
先生)にお越しいただきました。
テーマが「腰痛予防・転倒予防」ということもあり、会場は満杯。
ロコモティブシンドロームについてのお話しも交え、
前半は腰痛予防の体操を行いました。

骨盤と上体を前に倒す運動。

こちらは、片方の骨盤を持ち上げる運動。

後半は転倒予防。
内臓を守る4つの筋肉(インナーユニット)がうまく使えていないと、
体を動かしたときに、腰に負担がかかったり、バランスが取りにくく
なったりするそうです。
インナーユニットを鍛えるには「いい姿勢」で運動することが大切。

おへその前で作った三角形が、床に垂直になっているのが、
骨盤が立てられた「いい姿勢」の目安です。

こちらは歩行姿勢をよくする運動。転倒予防には、日常の生活動作に
関連する動きを取り入れた体操が効果的だそうです。


終わった後も、参加者の方のご質問に丁寧に答えてくださいました。

いっしー先生、わっくん先生、ありがとうございます!