最新情報

ブログ
2019/02/16 15:32:00

脳トレ教室第117回からの宿題:回答例編

脳トレ教室第117回からの宿題:回答例編

問題は、しりとりを完成させるゲームでした。

  ⇒先に出題編を見る

 

正解がひとつに限られる問題ではないので、

ここでは“回答例”をご紹介します。

「2文字しりとり」については、

2月6日の教室でも皆さん苦戦なさっていました。

       ⇒2月6日の教室の様子

どのチームも、ゴールから逆算して考えていましたが、

「いちごがり」の「いち」に繋がる言葉探しで「よっかいち(四日市)」

「いちのいち(一の市)」など「市」にまつわる言葉ばかりが上がり、

うまくその前に繋げられなかったようです。

ここでは「ていいち(定位置)」「こういち(好位置)」「はいち(配置)」

などの漢語(漢字語)を用いると、繋ぎやすいと思います。

漢語は同じ字を共有する語が多く、そもそも漢字は同じ音を

持つ字が多いので、2文字しりとりには向いているといえます。

教室で一番に仕上げたチームは、漢語ではない「とりのいち(酉の市)」

を使いましたが、ゴール側から「とりのいち」←「こうのとり」←

「おやこうこう」←「さとおや」←「ふるさと」←「しゃっふる」←

「かいしゃ」←「せいかい」←「せんせい」←「しゃみせん」←

「かんしゃ」と繋ぎました。

「先生」「感謝」などの漢語をうまく用いていますが、何より

「ふるさと」に繋がる「シャッフル」がファインプレーだと思います。

 

 ⇒次の回の宿題を見る

 ⇒前の回の宿題を見る