最新情報

活動報告
2020/04/08 17:51:00

★回想法~職員が持ってきたそろばんで~


職員三浦さんが、娘様が使っている「そろばん」を自宅から持ってきてくださいました。
そこで、若い頃は造幣局に努めていたI様。
学校へ行かれていた時も、先生から採点の手伝いをしてほしいと言われていたと
よく、お話をして下さっていました。
最近は、あまり計算もしなくなり、気持ちを落ち着かせるためにも
ご自分から塗り絵や、ペットボトルのキャップを使い作った数字パズルに
取り組むことが多くなって来ています。
この日も、お気に入りの「日本の名字」を手にして読んでいると
隣に三浦職員が座り、数字を書いた紙と、持ってきたそろばんをI様の前に・・・
すると、そろばんを見て「何・・・?計算すんの?」と
ご自分から「そろばん」に手を伸ばし玉を弾き始めました。


いつものI様を考えると「なんだよ・・・こんなん出来ないよ」・・・
「もう、やり方なんて忘れちまったよ!!」・・・などの、少し消極的な言葉を
予想していただけに「昔、やってたんだよ」・・・と、言いながら
目を輝かせて楽しそうに、懐かしそうに弾いている姿を見て
三浦職員も大喜び!!
若い頃に身につけた事は、記憶の奥に残っているのですね。
職員が利用者様の記憶に近づき、探る・・・回想法を日常に活かし
出来ないから・・・忘れてしまったから・・・と、消極的にならず
楽しく過ごして頂けるように取り組んで行きましょう!!

ぶたゴリラ♥