最新情報

お知らせ
2021/07/17 07:13:00

横浜市「高齢者紙おむつ給付事業」の話

横浜市では、ねたきりや認知症の状態にある在宅の高齢者を対象に、紙おむつを給付しています。



■利用対象者

ねたきり又は認知症の状態にある在宅の要介護者要介護4又は5の方及び要介護1~3で各区福祉保健センター長が必要と認めた方)で、属する世帯が生活保護受給世帯等または市民税非課税世帯の方。

 

申請方法

利用の可否については各区福祉保健センターにて決定しています
お住まいの区の福祉保健センター(高齢・障害支援課)にお申し込みください。


■利用案内

利用基準限度額

ご利用者の身体状況に応じ、以下のとおりです。
2,000円を1単位として、毎月、上限基準額の範囲内で給付券とおむつを変更できます。


利用者負担額

ご利用になる紙おむつの利用基準額の1割が自己負担額となります。
(1単位:200円、2単位:400円、3単位:600円、4単位:800円)

ただし、生活保護受給世帯等の方については、自己負担額は無料となります。