最新情報

活動報告
2021/11/20 11:55:00

「世界遺産を学ぼう」を開催しました。



11月19(金)「世界遺産を学ぼう」を開催しました。
今回もZoomと対面講座の両方で進めました。
まず最初に前回の質問から先生の回答がありました。
絶滅危惧種は見られるのか?についてでしたが、
場所だけではなく、事前申し込みが必要であるなどの詳細まで
教えていただきました。
絶滅危惧種であるのでそう簡単には見ることはできないようです。
見られたら幸運ということですね。

2019年に登録になったばかりの百舌鳥・古市古墳群について
紹介していただきました。
社会の教科書でもおなじみの前方後円墳ですが、なぜこのような大きなものが
できたのでしょうか?
首長のシンボルなどもありますが、外交的に威厳を示したいとのこともあったようです。
日本は古代より外交に関して危機感は持っていた印象を受けました。

二つ目はオランジュのローマ劇場と凱旋門についてでした。
この世界遺産で毎年夏にオペラが披露されているそうです。
古代と現代の融合で幻想的な夜になっているのを想像すると
ワクワクしますね。

そして恒例の世界遺産問題腕試しを行い質問コーナーへと進みました。
Zoomの方も対面講座の方も熱心に質問されていました。
世界遺産への思いを共有できて、うれしく思いました。

次回は12月17日(金)です。
①北海道と北東北の縄文遺跡
②平泉
③イスファハーンのイマーム広場
についてです。
ぜひご参加ください。
ZoomでもOKです!
ご予約お待ちしています。

(T.S)