最新情報

活動報告
2021/03/26 08:57:00

◇勉強会 実際に見て、触って!◇

こんにちは!霧が丘デイサービスです★

先日、勤務後に勉強会を実施したので、ご報告しますね。
勉強会の主催は、杉﨑看護師が行いました。内容は
尿道バルーンカテーテルを知り、留置中の方への、介助時の注意点を学ぼう」でした!!


まずは、座学から…
挿入の目的や、尿路感染症の原因と予防、トラブルの原因と対処等について、資料を見ながら学んでいきます。

実際に本物のバルーンカテーテルを用意して、部位についても説明があり、スタッフも興味津々です!
普段見ていても、どのような構造になってるかは、意外と知らないものです。
エアフィルター?コック?バルーン?ってどこの何?1つ1つ説明がありました。

そして、挿入時の一連の手順を見せてもらい、バルーン部を膨らませたところで

みんなに触ってもらいました。「大きい!」「水風船みたい!」スタッフも驚きです。

構造を知り、どうやって固定されてるか触って実感してもらうことで、介助の時に注意する点を、理解することに繋がってくれたのではないかと思います。

尿道バルーンカテーテル留置中の方には
・移乗時は二人以上で行い、カテーテルを引っかけたりすることがないよう、細心の注意を払っています。
・水分摂取を嚥下状態に注意しながら、十分に摂取出来るように促し、介助しています。
・採尿バッグの位置や、カテーテルの固定位置の確認を行っています。
・清潔保持と皮膚状態の観察を行っています。
・看護スタッフによる尿量の性状確認と、破棄をしています。

スタッフ一人一人が改めて学ぶことで、更に良いケアを提供できるように努めていきます!

ちなみに、今回は尿道バルーンカテーテルを勉強会用に準備しましたので、ご興味ある方は杉﨑看護師までお声かけくださいね。実物を見て触って頂けますよ★
医療的なご相談も、いつでもお声かけください。

霧が丘デイサービス