最新情報

活動報告
2019/10/21 18:20:00

ただのゲームじゃないんです。PARTⅡ

新しい?物が大好きなデイの川崎有馬です!
本日のレクリエーションは、先日大好評なTVゲームが再度登場になります。
(続きすぎて、すぐに飽きてしまったりもしますが…)
前回はボーリング大会を開催させていただきましたが
今日は!卓球大会♪ドンドンドン♪
(いやぁ色々あるんですねぇ、まだまだ飽きられそうにもありませんよ!)

二人で対戦形式を取らせて頂きました。
やっぱり?ちょっと?むずかしいかな?
それぞれに助っ人職員を配置!一緒に遊ばせていただきました♪

慣れてきたところで 本格的に対戦です!
見てください!この笑顔? 真剣にやってるんだからと怒られてしまいました(笑)

コントローラーを持っている手だけピントがブレております…ものすごい振りです!
真剣に?楽しく?プレイして頂いてありがたく思います♪

ご利用者様たちの希望により職員の対決が…
小峰職員『先輩!下克上ですよ!』

森口職員『若い娘には負けない…!』
っと結構、本気と書いてマジ状態での対戦でした(笑)
えっ勝者ですか?ストレートで下克上されてました♪

職員と一緒にチームを組んで対戦。
画面の白い球に合わせてコントローラーを振る♪ 難しく考えなくても楽しんでいただけたようです。

手元だけを見ていると ボールが分からないので
画面を見ながら タイミングを合わせて腕を振る。なかなか脳トレになります。
調べてみますと!
Wii療法
なる言葉もありました!びっくりですね

まずこの「Wii療法」というニュースですが、普通に行われている脳卒中患者のカードゲームなどのリハビリと、Wiiのテニスゲームやクッキングママなどのゲームを用いたリハビリでは、Wiiゲームのリハビリのほうが3割もリハビリ効果が高かったというのです。この調査をしたGustavo Saposnik博士(カナダ、トロントの聖ミカエル病院)は任天堂のまわし者ではないようです。ニンテンドーから買収されてはいないようです。安心してください(笑)

との事。楽しく、いかに本番と近い形の試合(ゲーム)をするかが、集中力を高め、神経を最高度に刺激し、患者の機能回復のカギだといえますね。それがWii療法の肝心な部分だそうです。
楽しく♪遊んで運動することが大切なのでしょうか?

まだまだ色々なゲームがありましたので、楽しんでもらいたいと思います。

(同じゲーム機の紹介なのでタイトルも同じにしてみましたよ♪それぞれ書いた職員が違います。どっちの記事が閲覧数伸びるのか!楽しみにもなりますね♪)
川崎有馬
周藤