最新情報

ブログ
2019/09/11 19:19:00

6000万!

さぁ!やって参りました!?
【とある職員の休日】ブログでございます(笑)

待ってました?待ってましたよね?待ってくれていたら嬉しいです♪
最近イイね!が伸びず… ちょっとモチベーションが↓な…感じです。
えっ?頑張れ? 皆様の応援がチカラになります。今後ともよろしくお願いしまーす!(笑)

ではタイトルから!
6000万!ですよ!6000万! 
こんな大金があったら なに使いますか?
家?車?旅行? いろいろ夢が広がりますが(笑)

今回、ふぉる太くんとのツーリングは6000万がキーワード!
さぁ皆様 思い描いてくださいね(笑) 繰り返しますが6000万(しつこいですね(笑))

東京に残された唯一の村、「檜原(ひのはら)村」
Trail to Mount Usukiyama @ Hike from Hinohara to Lake Sagami
最近マイブームな唯一の村(笑)
清川村の次には檜原にやってきました。
大自然あふれる「檜原村」ならではの観光スポットがいろいろあります!
(まぁふぉる太くんと走りまくってたので、ほぼ観光してませんが)
東京都檜原村 払沢の滝
ここ…東京なんですよ!意外や意外!滝に巡り合いました!
こちらの滝 冬季は凍結するとか… 東京ですよ!?

http://kanototuriba.com/
マス釣り場があったりと のんびり ゆったりな感じで心地よいツーリングをしてきましたが
目的はここではありません!
目的は6000万!(笑) みなさま6000万で何を想いうかべましたか?

檜原村での6000万は…
なんとぉ!
こちら(笑)

この立派な建物!総檜作り!総工費6000万との事!
この建物は一体なんだと思いますか?
こちらは!聞いてびっくり!見てまたビックリ(笑)
正解は!

公衆トイレ(笑)
老朽化したトイレをインパクトのある建物にしようと、村が都の補助金も活用しながら約6000万円をかけて建て替えた。木材は檜原産のスギ、ヒノキを使用し、木の質感や香りの残る塗装を施した細かいヒノキの板で葺いた屋根が特徴的です。
使わせて頂きましたが 檜の香りで落ち着いて用が足せました(笑)

ではでは、また来週?

周藤