最新情報

活動報告
2019/02/01 09:00:00

東京有明医療大学~看護学生の実習風景~

東京有明医療大学から学生が2~6名ずつ、何回かに分けて実習に来ています。

今回が最終グループの実習となりました。

この実習は病院で入院している高齢者が、退院後にどういう所で過ごしているのか、

というのを学ぶために実施しています。

今回のグループには健康フェスティバルの開催や体操を利用者の前でやってみる、

という課題を出させてもらいました。

見てください♪このやりきった後のすがすがしい顔!!

実はこの前日、職員の前で内容の確認をしながらリハーサルをおこないました。

学生生活の中で、大勢の前で大きな声で指導する、ということがない学生にとって、

20名前後の利用者を相手にどういう話し方をすればいいのか、

動きはどうすればいいのか・・・を考えることはとても大変なことだったと思います。

 

ストレッチ、筋トレ、頭の体操の3つに分けて担当を決め、

お互いを利用者と見立てて練習しました。

本番当日、利用者からは「楽しみにしてるからね~♪」のお声かけをいただきました。

 

 

 

どのグループも緊張していたとは思えないくらい大きな声でしっかりと

取り組んでくれたので、参加している利用者さんが本当に楽しそうでした♪

この日が実習最終日ということもあり、別れを惜しんでいる方が

たくさんいらっしゃったことが印象的でした。

 

今回は事業に参加する、というより自分たちで実施する立場を体験してもらいました。

他のグループに比べたら少し大変だったことが多いと思いますが、

利用者とコミュニケーションを取りながら進められたのではないかと思います。

4日間、お疲れ様でした~ヽ(^o^)丿