最新情報

ブログ
2020/10/16 15:50:00

ところで「アマビエ」ってなあに?

アマビエは、江戸時代の1枚の「かわら版」に登場する妖怪です。
「かわら版」にはこう書かれています。
 

肥後(熊本県)の海に毎夜光るモノが現れるというので、役人が見に行くと、果たして図のようなモノが出現した。

「私は海中に住むアマビエと申すもの。今年から6年間は諸国で豊作が続くが、病も流行する。早々に私の姿を写して人々に見せよ」と言って海中に消え去ったといいます。

江戸に伝えたアマビエは、長髪にクチバシ、体にウロコ、3本の足?のようなものがあります。

 

                  (京都大学附属図書館)


アマビエが言った「私の姿を写して人々に見せよ」という言葉から、何とかして新型コロナウイルスの退散を願って現代の人たちがアマビエの絵を描き、ネットに載せる人が増えているのではないでしょうか?

(職員 I )