最新情報

ブログ
2019/05/23 11:33:00

エアコンで肺炎になる?!


急に暑くなりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

暑くなってエアコンをつけるご家庭が増えてきたと思います。



ところで

このお水、何のお水だと思いますか?





コーヒーではありません...


我が家のエアコンを業者に清掃を依頼し、清掃した時のお水です(-.-) 

エアコンは冷房をつけると、内部に水分がたまり、
カビがはえやすくなります。






カビや汚れがたっぷりなのです。

多くは「トリコスポロン」という種類のカビで、これを吸うと、「夏型過敏性肺炎」「気管支ぜんそく」「気管支肺アスペルギルス症」という病気になりやすくなってしまいます。

カビを予防する方法で是非おすすめなのは、冷房の後に、
「送風」を30分から1時間程運転させることです。

その際に、切タイマーを使うととても便利です。

送風の電気代は、6畳のエアコンですと1時間あたり約0.3円で消費電力は12wです。意外とリーズナブルなので是非おすすめです。

ちなみにこの方法をとってから、我が家のエアコンは次の年からエアコン掃除を依頼しても、お水が汚くなくなりました!



これからもっと暑くなりますので、エアコンを上手に使って元気に夏を乗り越えましょう(^.^)