最新情報

活動報告
2016/11/09 14:25:00

手の変幻、手品と手話でコミュニケーション

「介護予防」の観点から、様々な企画に参画してもらい、仲間との輪を広げていただきたいと、

9月から始まった「和の輪」の活動。

今回は、午前の部で「手品」を学び、午後の部で「手話」を習いました。

手話においては、その豊かな表現をより身近に感じてもらおうと、童謡の「故郷」を歌いながら、

表現を一つ一つ学びました。手話初心者の最初のステップとして、歌の振付けを覚えるように、

身体全体で学ぼうという狙いです。

「故郷」という美しい歌を通して、手話の意味の深さも理解できたのではないでしょうか。

もし耳の不自由な人と出会い、コミュニケーションを取りたい時、どうコミュニケーション

すればよいか分からないはず、そんな時には、まずは一緒に手話で「故郷」を

歌ってみようではありませんか。

私たちの「和の輪」、これからも様々な「コミュニケーション」の新たな形を

ご提示していく考えです。

次回のイベントもご期待ください!