最新情報

ブログ
2023/01/20 14:04:00

イワナもあくびする?



あくびをするのは、人間をはじめとする哺乳類や
海生哺乳類などの内温動物だけではないことを科学的に突き止めたのは、北海道大学大学院水産科学院博士後期課程3年の山田寛之氏と同大学院水産科学研究院の和田哲教授らの研究チーム。具体的には、「逸話的だった魚類のあくびを世界で初めて定量的に研究し、状態変化仮説を実証」したとのこと。水底で休むイワナの稚魚が遊泳開始の直前にあくびする傾向を発見したというから、驚きです。あくびが行動変化に先立ち起こることは従来から知られていますが、魚類もまた行動活発化の可能性があることを実証したのは今回が初めてだそうです。研究者らは、イワナの稚魚を観察中、泳ぎ出す前にあくびをする個体が多いことに気づいたとか。このことによって、魚類だけでなく、動物界におけるあくびの起源の理解への貢献に期待が持てると述べています。


【プレスリリース】イワナは泳ぐ前にあくびをする ~世界で初めて魚類の状態変化仮説を実証~(大学院水産科学研究院 教授 和田 哲、水産科学院 博士後期課程3年 山田寛之) | 北海道大学 大学院水産科学研究院 大学院水産科学院 水産学部 (hokudai.ac.jp)

プレスリリース
230118_pr.pdf (hokudai.ac.jp)


S・M