最新情報

ブログ
2021/06/09 16:38:00

目薬選びも大変!



オンライン会議や授業、スマホやPCを良く使う人など、ある意味で目を酷使している人には「目薬選び」も重要のようです。そもそも目薬がどのような成分構成なのか、筆者も深く考えたことはありませんでした。そこで、色々と調べてみると、目薬に表示されている「広告」の文言とは別の「顔」が見えてきます。第一に、防腐剤が入っているかチェックしてみましょう。防腐剤である塩化ベンザルコニウムなどの成分が入っていれば、長持ちするタイプ。但し、「目を傷つけたり症状を悪化させたりすること」があるようなので、含まれていないものを選ぶ方が望ましいかも。もちろん好みではありますが。次に、疲れ目やかすみが気になる場合は、ネオスチグミンM、アミノ酸、ビタミン類が入っているものが良いとか。渇きが気になる人は、コンドロイチンを含むもの。かゆみは、クロルフェニラミンマレイン酸塩。これには抗ヒスタミン作用があります。充血には、ナファゾリン、テトラヒドロゾリン。こう考えると、目薬の購入も、なかなか容易ではありません。全ての症状に合致した成分の「スーパー目薬」はないのかしらん!それから、当然ながら使用感も大切な要素。こればかりは使ってみないとわかりません。それと、沁みる、沁みないも大切。ともあれ、防腐剤の入っていない目薬は消費期限が短いので要注意ですよ。