最新情報

ブログ
2021/06/09 11:32:00

噛む力と心疾患の不思議な関係



日本人の死因2
位である「心疾患」を予防するための「新たな発見」があったと、国立循環器病研究センター、新潟大学、大阪大学の共同研究チームが発表しました。それは、「かむ力が弱い人は循環器疾患になりやすい」というものです。その理由ですが、一つは食事によるもの。かむ力が衰えると、硬い食べ物を避けるようになり、糖質の多い軟らかい物を好んで食べるようになると、「動脈硬化」が進むという訳です。もう一つ、かむ行為は特に上半身の血流を良くするのだそうです。かむことで脳内の「ヒスタミン」が活性化されて、全身の血流を促すようです。心臓に負担をかけないためにも、日頃から、しっかり噛めているかどうかチェックしてみて下さいね。