最新情報

ブログ
2021/06/09 10:35:00

「IgA抗体」って何?



コロナ禍の中、免疫力を高めることはマスクやうがいや手洗いと同様に、自分自身を守る大切な手段に他なりません。実は、「免疫」の仕組みには「防御」と「攻撃」の2
段階があり、前者は「粘膜免疫」、後者は「全身免疫」が担当しているとか。そこで、第一に「粘膜免疫」の観点から、外敵の侵入を防ぐために粘膜で活躍している「IgA抗体」という免疫物質に注目しましょう。この免疫物質が低下すると、病気にかかりやすくなると言われています。では、様々な病原体が人の粘膜に付着するのを防ぐ「IgA抗体」を活発にするにはどうしたらよいのでしょうか? 答えは、簡単。「食物をよくかみ、水分補給をしっかりすること、鼻呼吸を意識すること」、そして「有酸素運動をしたり、発酵食品や食物繊維を取ること」なのだそうです。もう一つ大切なことは、口腔ケアです。唾液の分泌を促すこと。そのためには唾液腺のマッサージをしてあげましょう。会話や口を動かすことも大事。最後に、お口の中をきれいに保つことです。歯周病菌の数が減ると、感染症のリスクが低減すると言われています。6月4日から10日は「歯と口の健康週間」。コロナ禍だからこそ、いつも以上に「口腔ケア」を見直そうではありませんか?