最新情報

ブログ
2021/01/11 15:24:00

新型コロナへのワクチン接種




新型コロナウイルスのワクチンについては、すでに海外での接種が開始され、日本でも春以降に実施されるとの報道がありますが、ワクチンの果たす役割の大きさと同時に副反応への不安があることも事実です。日本ワクチン学会は、ワクチンに関する提言を次のように行っています。「導入に当たっては、現在明らかにされている有効性及び安全性に関する情報を接種者及び被接種者が共有し、先行する諸外国のデータも参照しながらリスクコミュニケーションを取る」、「アナフィラキシー反応などの重篤な副反応が出現した際にはワクチンとの因果関係を科学的に研究する評価委員会を組織しておく必要がある」など。そして、今のところ、長期的な有効性・安全性に関する十分なデータが必ずしも得られていないとしても、新型コロナウイルスに対する新規ワクチンを導入することは必要である、と述べています。ある調査機関の意識調査によると、ワクチンの接種を希望しない理由は、「接種した後の副作用が怖いから」「効果があるか疑わしいから」で、全体の9割に相当します。要は、ワクチンの詳細が不明であることへの不安と言ってもいいでしょう。政府が発表した無料化の情報だけでなく、より丁寧な説明が求められるのではないでしょうか。