最新情報

ブログ
2020/02/12 16:59:00

正しい歩行を心がけて!



加齢とともに、歩き方も変化します。歩くスピードが遅くなります。歩幅も短くなり、歩く時間の耐久力も落ちてきます。加えて、体幹が前傾し、円背となる傾向に。つまり、筋力が低下し、足が上がりにくくなるのです。そこで、フレイル予防のために、まずは歩き方をチェックしましょう。骨盤を安定的に保つためには、「下腹部に力を入れる、大股を意識する」の2点が重要だそうです(YomiuriOnlineの記事から引用)。歩行が安定していると、手や腕、上半身の機能も向上します。そのためには、椅子の背などを持ち、両脚でつま先立ちを繰り返す運動が有効でしょう。いずれにせよ、運動は軽く息が上がる程度が有効だと言われています。

 
当館では、毎朝、「いきプラ体操」を行っています。わずか30分ですが、毎日続けていると、知らず知らずのうちに足腰が鍛えられ、血行が良くなりストレス解消にも役立つのです。そんな老若男女を問わず簡単にできる体操、笑ったり話したりして出来る軽い運動が、実は「フレイル予防」に大いに役立っているのです。ぜひご参加ください。