最新情報

ブログ
2020/01/08 12:10:00

あなたは口呼吸していませんか?



風邪やインフルエンザにかかりやすい原因のひとつに、口呼吸があるといわれています。なぜなら、鼻呼吸は、いわば「加湿器と空気清浄機とエアコン」の三つの機能を併せ持っていて、鼻から入る空気は感染症になるリスクが低いからです。一方、口呼吸は「湿度や温度」の調整ができず、いきなり肺に入ると肺機能そのものの免疫力が低下するのだそうです。
さて、口呼吸をしているかも知れないと疑問を持たれる方は、次の症状をチェックをしてみてください。例えば、口が渇きやすい、唇がかさかさする、鼻が詰まる、いびきをかく、目が覚めたときにのどが痛い、睡眠中によだれを出す。この中で、一つでも該当するものがあれば要注意。ところで、「口呼吸」の対策はどうすればいいのでしょうか?専門家の意見では、鼻が詰まっている方は、何よりも鼻の治療をして鼻の通りを良くすること(温かいタオルで鼻を刺激するのも良いようです)。次に、舌や口の周りの筋肉の衰えが原因の可能性もあります。口元を引き締めるのに、「あいうべ体操」が効果的です。「あー」と言いながら大きく口を開け、「いー」で口を横に、「うー」で口をすぼめて、最後に「べー」で思いっきり舌を出します。何回か繰り返してやって見てください。あとは、ヨガの呼吸法もぜひ取り入れると良いでしょう。人さし指で鼻の右側を押さえ、左側から深く息を吸って、ゆっくり吐く。次に右も同じように。それを数回繰り返してください。ともあれ、口呼吸を続けていると咀嚼機能も低下するようですから、早めの対応をお願いしますね。



<高輪いきいきプラザについて>

高輪いきいきプラザでは、毎朝「いきプラ体操」を行っています。わずか30分ですが、毎日続けていると、知らず知らずのうちに足腰が鍛えられ、血行が良くなりストレス解消にも役立つのです。体力に自信のない利用者の方でも「息の上がらない」体操を心掛けています。また、ヨガ、健康トレーニング、筋力アップマシントレーニングなどさまざまな運動を行える機会も提供しています。皆さん、ぜひお気軽にご参加下さい。