最新情報

ブログ
2019/08/14 12:55:00

予防医療って何?



「予防医療」という言葉を聞いたことはありますか?
予防医療とは、健康な人が将来病気にならないようにすることです。具体的には、
体調管理をしていく中で、小さな変調に気づくこと、そして、早めに病気
の“芽を摘む”ことです。食事に気を付けたり、運動をすることも広義において「予防医療」なのです。つまり、健康なうちに病気にならないように予防することなのです。健康診断を定期的に受診する、歯医者に半年に一回は診てもらう、こうしたちょっとした努力が大切です。

当館では、毎朝、「いきプラ体操」を行っていますが、わずか30分でも、毎日続けていると、知らず知らずのうちに足腰が鍛えられ、血行が良くなりストレス解消にも役立ちます。また、体力強化のために、自主的に筋力の向上と日常動作の改善を図る「セルフマシントレーニング」や「筋力アップマシントレーニング」を始め、ヨガのエクササイズ、ヨガの呼吸法やポーズを中心に、筋力強化に役立つ「さわやか健康体操」など、豊富なメニューで利用者の体力づくりをサポートしています。こうした活動を、私たちは「介護予防」の一環で行っていますが、翻って考えれば、病気にならないための「予防医療」と深く関係していると言っても過言ではありません。
健康に長寿を全うするには、どうしたらよいのでしょうか?
私たち一人一人が日頃から「予防」する気持ちを忘れない事、これに勝るものはありません。