最新情報

ブログ
2019/06/28 12:33:00

厄介な逆流性食道炎



高齢化と欧米並みの食生活への変化によって、逆流性食道炎が増加して
いるそうです。
典型的な症状は胸焼け。胃酸が喉までこみ上げてくるゲップ。
あるいは、胸が締めつけられるような痛みやのどの違和感や声がれ
といった症状。

原因は、食道と胃のつなぎ目がゆるむこと。もちろん、命にかかわる病気
ではありませんが、
胃と違い、食道には強い酸への防御機能が無い為、
別の病気を誘発するリスクがあるのです。

加えて、もう1つの原因が胃酸過多。
食べ過ぎたり、脂肪分やタンパク質を取り過ぎたりしても起こりうるとか。
また肥満による腹圧の上昇なども考えられます。

対処法としては、まずは食べ過ぎに注意することです。胃酸の分泌を
増やしやすい食生活を改めて、チョコレートなどの甘いもの、辛い物、
酸味の強い果物、消化の悪い食べ物なども控えめにしてください。

そして、食後すぐに横になったりしないでください。
もちろん、寝る前に食事しない、お腹を締めつけないといった
ことも大事です。

もしも症状が改善されないときは、早めに医師の診察を受ける
ことをお勧めします。