最新情報

ブログ
2019/06/12 16:50:00

しゃっくりで困ったことはありませんか?



なかなかとまらない「しゃっくり」で苦労したという人は少なからずいるはず。

本当かどうか疑わしい話ですが、70年間しゃっくりをし続けたという方が
世界にはいるようです。
しかし、「しゃっくり」は病気として扱われているのでしょうか?
医学用語で吃逆(きつぎゃく)と呼ばれていて、呼吸筋群の1
つである横隔膜が、
何らかの理由で痙攣するのが原因と言われていますが、実は他にも
さまざまな原因が考えられるとか。
たとえば、逆流性食道炎、胃がん、気管支拡張薬や血圧降下薬、ステロイド薬といった
薬の副作用など。

ただ、このような病状が無くても、急いでごはんを食べたときや、緊張したとき、
しゃっくりは誰でも起こりうるのです。
もし、しゃっくりが長引いて生活に支障があるようであれば、できるだけ早めに
医師の診察を受けましょう。
対処法として、「びっくりさせる」「一気に水を飲む」「息を止める」という
通説がありますが、効果は科学的にも医学的にも実証されていませんので、念のため。