最新情報

ブログ
2019/06/12 10:49:00

歯医者はどう選ぶべきか



歯医者で治療をしてもらい、何となく不安になることはありませんか?

医師と同様、もし疑問を持ったら、「セカンドオピニオン」を求めることも大切です。
つまり、歯医者を変えてみることです。
そうすれば、「そのような治療は必要ありません」と耳を疑うような答えを得られるかもしれません。
6
15日付の「東京経済オンライン」には、良い歯医者の見分け方として、次のようなアドバイスが示されていました。
対応の良さは当然ながら、治療について丁寧な説明があるかどうか、質問にはきちんと答えてくれるか、歯科衛生士が丁寧にメンテナンスをしてくれるかどうか、もちろん、院内の機器や身だしなみが清潔かどうかも重要なポイントです。
加えて、高齢者の場合は、特に歯周病に罹患しているケースがほとんどですので、専門的な知識のある歯周病認定医であることも不可欠です。
歯医者についても、「かかりつけ医」と同じスタンスで良好な関係を持ちたいですね。