最新情報

ブログ
2019/05/31 11:21:00

今日は世界禁煙デー



今日は世界禁煙デー。

厚労省によれば、今年のテーマは次の通り。
「2019年7月に学校・病院・児童福祉施設等、行政機関が原則敷地内、2020
4月にそれ以外の施設等が原則屋内禁煙となることを控えて(中略)
受動喫煙の
ない社会を目指す」としています。
たとえば、加熱式タバコ。来年
4月には、大きな飲食店では原則禁止となるそうです。
その理由は改正健康増進法が施行されるため。


ご存じのように、電子タバコと加熱式タバコは全く性質の違うものです。
「電子タバコ」は、たばこ葉を使用せず、「リキッド」といわれる液体を熱すること
で発生する水蒸気を吸い込むというもの。
一方、「加熱式たばこ」は、たばこ葉を使用。加熱して水蒸気を吸うという形式です。
これらについて、日本呼吸器学会は、「非燃焼・加熱式タバコや電子タバコの使用は、
健康に悪影響がもたらされる可能性がある」と警告し、その使用者から吐き出される
ニコチン含有“エアロゾル”は周囲に拡散するため、受動吸引による健康被害が
生じる可能性があると述べています。
また、葉タバコを加熱してエアロゾルを発生させるタイプの電子タバコでは、土壌中
から蓄積した放射線元素のポロニウムも、燃焼式タバコと同様に含有されているそうです。


そもそも、非燃焼・加熱式タバコや電子タバコは、従来のたばこをやめられない人、
あるいはやめる意志のない人にとって、せめてすこしでも健康被害の低減につながれば
という発想から生まれたものであり、そもそもたばこが有害であるという認識が欠如
しているのです。
また、たとえ煙が出なくても、受動吸引による健康被害が生じうるという自覚も欠如
していると断じざるを得ません。